メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山)呉と市立和歌山、きょう開幕試合 両監督に聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月23日03時00分

 23日に開幕する第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)。開会式直後の第1試合(午前10時半開始予定)で、市和歌山(和歌山)は呉(広島)と対戦する。両校の半田真一監督と中村信彦監督に話を聞いた。

 ――相手の印象は

 半田 (エースの)沼田仁君を中心にしっかり守る。打線も1番から9番までしっかり役割を分かっている。攻略は難しそうだ。

 中村 非常に粘り強いチームだと思う。上位打線がコツコツと打つ点がうちとよく似ている。

 ――鍵を握る選手は

 半田 投手陣がしっかり投げられるかが大事。打線では3番の緒方がチームの柱だ。

 中村 投手陣に頑張ってほしい。あとは1番の塩田がどれだけ出塁できるか。

 ――相手校で警戒したい選手は

 半田 沼田仁君の投球に翻弄(ほんろう)されないように、しっかり攻撃をしていきたい。

 中村 上位打線はシャープな(打撃の)選手が多いとみている。

 ――理想の試合展開は

 半田 5失点以内の試合を目指す。

 中村 5失点以内を目安に抑えてくれれば良いゲームになるだろう。

 ――開幕試合への意気込みは

 半田 仕上がりは順調。練習の成果を発揮し、支援していただいた方々に恩返しをしたい。

 中村 少しずつ気持ちも高ぶってきた。大観衆に感動してもらえるような粘り強い野球をしたい。(高橋俊成)