メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥取)選抜大会、米子東が開会式リハーサル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月23日03時00分

 第91回選抜高校野球大会の開会式リハーサルが22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であった。23年ぶり9回目の出場となる米子東の選手らも参加し、入場行進の練習に参加。大きなかけ声とともに、甲子園の土を踏みしめた。

 午前10時、吹奏楽の演奏に合わせて、校名のプラカードを持ったマネジャーの小村ののかさん(3年)を先頭に、選抜旗を持った福島康太主将(同)ら選手が入場。福島主将は選抜旗の持ち方が自分だけ逆だったことに行進の途中で気がついた。「特に何も言われていなくて。明日はちゃんと持ちます」と苦笑いした。小村さんは「前との距離感や歩幅の感覚が難しかった。明日はもうちょっと落ち着いて楽しみます」と笑顔を見せた。

 19日の甲子園練習は雨のため室内練習場を使った。選手らはこの日、初めて甲子園の土を踏んだ。長尾駿弥選手(2年)は「甲子園の芝と土。1歩目には力が入りました」。開会式は23日午前9時から同球場である。(矢田文)