メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛)松山聖陵「憧れの場所で歩けた」 開会式リハ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月23日03時00分

 23日に開幕する第91回選抜高校野球大会に出場する松山聖陵が22日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開会式のリハーサルに臨んだ。プラカードを持った野球部員の松岡大樹君(3年)を先頭に行進し、本番の流れを確認した。

 リハーサルを終えた松岡君は「ペースを一定に保つのが難しかった。それでも憧れの場所で歩けたのは楽しかったです」と笑顔。打線の中軸を担う折田玲君(3年)は「行進がしっかりできていなかったので、このあと練習をしないと」と反省。今月にあった沖縄遠征では練習試合で本塁打を1本打っており、「体調はいい。長打が出るようになり、ヒットの率も上がっている」と意気込んだ。(寺田実穂子)