メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉)選抜、習志野が堂々行進 幕張総合の生徒が独唱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月24日03時00分

 第91回選抜高校野球大会が23日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕した。10年ぶり4回目出場の習志野の選手たちは、開会式で堂々と行進した。

 行進のかけ声を担当したのは山内翔太君(2年)。秋の関東大会でチームへ声がけし、他の選手たちから任命された。「今日は悔いなくできてよかった」。ダブル主将の1人、根本翔吾君(3年)は初戦に向け「今までやってきたことを全て出し切りたい。悔いの残らないよう精いっぱいやります」と意気込んだ。

 開会式では、この春に幕張総合を卒業する菅谷茉友(まゆ)さんが、約2万8千人の観客を前に君が代を独唱した。「とてもいい機会だったので心構えをして挑んだ。失敗もせず、きちんと歌えたと思います」と話した。昨年の全日本学生音楽コンクールの声楽部門(高校の部)で1位になった。

 習志野は大会第2日の第1試合(24日午前9時開始予定)で日章学園(宮崎)と対戦する。(松山紫乃)