スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

香川)高松商、23日に春日部共栄戦 両監督が対談

2019年3月23日03時00分

シェア

 開会式のリハーサルが22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であった。高松商は開幕日の23日第2試合(午後1時試合開始予定)で、春日部共栄(埼玉)と戦う。高松商の長尾健司監督(48)と、春日部共栄の植竹幸一監督(49)が対談し、意気込みを語った。

 ――相手の印象は。

 長尾 関東の激戦区を勝ち抜いてきた、本当に力のあるチームだ。

 植竹 伝統校。投手を中心に、粘り強い野球をしている。

 ――警戒する選手は。

 長尾 挙げるなら、バッテリーで4番の村田賢一投手と5番の石崎聖太郎捕手。四国にいないレベルの選手で、チームの精神的支柱になっている。

 植竹 投打の中心の香川卓摩投手やパワーヒッターの立岩知樹選手、(昨秋の)四国大会などで好調だった浅野怜(れん)選手だ。

 ――理想の試合展開は。

 長尾 押される展開になると思うが、点差を引き離されないようついていきたい。バッテリー中心にどれだけ守れるかが鍵。

 植竹 村田投手が投げ、接戦にする。相手エースは1年生から投げていて、経験豊富で失投も少ないと思うので、少ない好機を得点につなげたい。

 ――チームの状態は。

 長尾 選手たちは自分たちの実力を自覚し、けがもなく準備できている。体調は良い。

 植竹 甲子園に来てから打撃の調子が落ちている選手も何人かいたが、徐々に調子が戻り、順調にいっている。

 ――意気込みは。

 長尾 引退表明したイチロー選手も言っていたが、勝つことは本当に難しい。気を抜かず、一つのアウトを全力で取る。これを27回繰り返すしかない。

 植竹 選手たちが甲子園での試合を楽しんで、明るく元気よくプレーしてほしい。(小木雄太)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン