メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

茨城)石岡一の仕上がり順調 大会前に最後の練習試合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月22日03時00分

 第91回選抜高校野球大会に出場する石岡一は21日、大阪府高槻市のグラウンドで、大会に向けて最後の練習試合をした。

 対戦相手は関大一(大阪)と昨夏の全国選手権で8強入りした近江(滋賀)。関大一に5―0、近江にも10―1で勝利し、順調な仕上がりを見せた。

 1試合目で先発した岩本大地投手(3年)は、変化球を織り交ぜて5回を被安打1、奪三振5で無失点に抑えた。打線もつながり、第2試合では計16安打を放った。

 打撃が好調だった武田翼選手(3年)は「本番では外野を越えるような打球を飛ばしていきたい」。

 試合後、近江の選手らから「石岡一の皆さん、甲子園頑張ってください!」とエールが送られた。(高井里佳子)