メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎)投球数で験担ぎ 日章学園が甲子園練習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月21日03時00分

 第91回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)に出場する日章学園は20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で公式練習をした。

 時間は30分間。「最初は緊張で声がうわずっていた」(畑尾大輔監督)という選手たちも、ノックを受けると落ち着いた様子で捕球や送球を見せた。畑尾監督は「守備の仕上がりは良い」と話した。

 最初にマウンドで投球練習をしたのは、エースの石嶋留衣投手(3年)。投球数は抽選番号と同じ数の7球と決め、直球とスライダーを投げた。石嶋投手は「ラッキーセブンで験担ぎのつもり。絶対に初戦突破する」と意気込んだ。

 その後、選手たちは同市の野球場に移動し、打撃練習を中心に約1時間半汗を流した。(高橋健人)