メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知)「気合いと勢いで優勝」東邦で壮行会、選手を激励

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月20日03時00分

 第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)に出場する東邦の壮行会が19日、同校体育館であった。ベンチ入りする18人の選手たちは壇上で「優勝したい」と語った。大会は23日に開幕し、東邦は26日の第3試合で富岡西(徳島)との初戦を迎える。

 今年の壮行会は、和歌山県で25日開幕の全国高校空手道選抜大会に出場する空手道部と合同で開かれた。硬式野球部と空手道部の選手たちは、生徒約1150人の拍手と吹奏楽の演奏に迎えられて入場。壇上で1人ずつ、自己紹介や大会への意気込みを話した。

 硬式野球部の石川昂弥主将(3年)は「気合と勢いで優勝を目指すしかない。応援よろしくお願いします」とあいさつ。生徒会長の道端明日美さん(3年)は「東邦魂をぶつけてきて欲しい」と激励した。

 最後に硬式野球部の応援団長、山田斐祐将(ひゅうま)君(3年)の「フレー、フレー、東邦」のかけ声に合わせ、生徒全員が選手たちにエールを送った。(学年は新学年)(申知仁)