メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥取)米子東、室内で汗 センバツ、甲子園練習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月20日03時00分

 23日に開幕する第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)に出場する米子東は19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で公式練習に臨んだ。雨のためにグラウンドが使えず、室内練習場で汗を流した。

 選手らは1時間の練習時間を打撃練習を中心にこなした。16人で戦う選手たちの力になろうと、バッティングピッチャーやバッティングキャッチャーには今月、米子東を卒業した野球部OBなど9人が入った。選手らは「お願いします」とあいさつして打席に立つと、次々と球を打ち返した。

 練習後、福島康太主将(3年)は「自分たちだけじゃ回せなかったから助かった。試合で結果を残してお返ししたい」。投球練習をした森下祐樹投手(同)は「調子はいい。甲子園という舞台をしっかり意識してやっていきたい」と話した。(学年は4月以降の新学年)(矢田文)