メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪)選抜出場の履正社が甲子園練習 グラウンド確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月19日03時00分

 第91回選抜高校野球大会に出場する履正社(豊中市)の選手たちが18日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で公式練習に臨んだ。球場の雰囲気や土の感触を確かめながら、グラウンドを元気に動き回った。

 時間は30分間で、守備と打撃を練習。最初に打席に立った主将で捕手の野口海音(みのん)君(3年)は、左翼の外野席に打球を放って、観客からどよめきが起きた。「しっかり球が飛んでうれしかった。この広さをイメージして練習したい」と気を引き締めた。

 センターに鋭い打球を放ったのは、三塁手で中軸を担う小深田大地君(2年)。「甲子園は小学生の時から行きたいと思っていた場所。広くて楽しかった。土が固いなと感じたので、足をしっかり土にかませるようにしたい」と話した。

 履正社は開幕日の第3試合(23日午後3時半試合開始予定)で星稜(石川)と対戦する。(吉村治彦)