メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本)「アリがゾウを倒す」熊本西、甲子園へ向け出発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月19日03時00分

 第91回選抜高校野球大会に出場する熊本西高校野球部の出発式が18日、熊本市西区城山大塘5丁目の同校であった。選手らは保護者や学校関係者約30人に見送られ、甲子園へ出発した。

 横手文彦監督は初戦で対戦する強豪・智弁和歌山を念頭に「相手はゾウのような存在だが、アリがゾウを倒す姿を期待してください」とあいさつ。霜上幸太郎主将(3年)は「全員野球をモットーに必死に食らいついていきたい」と意気込んだ。選手らはタクシーに乗り、保護者らに手を振りながら熊本駅へ向かった。19日に甲子園練習があり、大会第6日(28日)の第1試合で昨春準優勝の智弁和歌山と対戦する。(清水優志)