メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎)日章学園 甲子園に向け出発 宮崎空港で出発式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月19日03時00分

 日章学園の選手らが18日、甲子園に向け出発した。23日に開幕する第91回選抜高校野球大会に初めて出場する。宮崎空港では出発式が開かれ、ベンチ入りメンバー18人と記録員、監督、部長らが参加した。

 部員に向け、荒川信一・宮崎県高野連会長は「宮崎の代表として誇りを持ち、日章学園らしい勝負強さ、力強さを見せてください。心に残る戦いを期待しています」と呼びかけた。保護者や同級生のチアリーダーからは花束が贈られた。

 畑尾大輔監督は「大きな声でこの子たちと校歌を歌うことが夢です。いい顔で帰って来たい」。福山凜主将(3年)は「一戦必勝で戦ってきます。応援してくれる人に、全力プレーで恩返しをしたいと思います」とあいさつした。

 日章学園は大会2日目(24日)の第1試合で習志野(千葉)と対戦する。(小出大貴)