メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島)選抜組み合わせ決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月16日03時00分

 第91回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が15日、大阪市内であった。呉は開幕試合(23日午前10時半開始予定)で市和歌山(和歌山)と、広陵は大会第4日(26日午前11時半開始予定)で八戸学院光星(青森)と対戦する。広陵の秋山功太郎主将(3年)は、選手宣誓の大役も担うことになった。(高橋俊成)

 ■元気はつらつとプレーを

 「呉高校、1番です」。上垣内俊早(かみがきうちはやて)主将(3年)が読み上げると、どよめきが広がった。呉は、2年前に初出場した選抜で開幕試合に臨み、今回、2度目の出場で再び引き当てた。上垣内主将は「『引いてしまったか』と思ったが、今はすごく楽しみ」。前回の開幕試合はアルプススタンドから応援した。「たくさんの人から注目される、ああいう舞台で野球をしたいと思っていた。泥臭く、元気はつらつとしたプレーを全国の人に見てもらいたい」

 中村信彦監督は「プレッシャーもあると思うが、ひとつひとつ勝っていきたい」と話した。

 ■記憶に残るような宣誓に

 広陵の秋山主将は選手宣誓に臨む。くじで宣誓を引き当てて驚いたというが、「西日本豪雨もあったし、今回の選抜は平成最後になる。こうしたことも含めて簡潔に、記憶に残るような宣誓をしたい」と意気込んだ。文面はチームメートらと話し合って決めるつもりだ。

 中井哲之監督は秋山主将が選手宣誓に決まった瞬間、隣に座る上田順一部長と顔を見合わせ、笑みを浮かべた。大役を務める秋山主将に対し「気持ちよく、すがすがしく、『高校野球っていいな』と思ってもらえるような宣誓をしてほしい」と期待を寄せた。