メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石川)星稜、初日に履正社と 優勝候補同士の対決に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月16日03時00分

 第91回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が15日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであった。石川県勢で北信越代表の星稜は、大会初日の第3試合(23日午後3時半開始予定)で近畿代表の履正社(大阪)と対戦することが決まった。優勝候補同士の一戦となる。

 「当たっちゃったな」

 抽選会の後、星稜の山瀬慎之助主将(3年)は思わずそう漏らした。相手は選抜で2度準優勝している強豪。だが、初日に初戦を迎えられることは「チームの調整がしやすい」。初戦への気持ちをこう話した。

 「今はわくわくしている。優勝を目指すなら、どんな相手にも勝たないといけない」

 昨秋の近畿大会で4強入りした履正社は打線に「一番の自信を持つ」(野口海音主将)チームだ。星稜は最速150キロの速球を投げる奥川恭伸投手(3年)を中心に、ロースコアの勝負を狙う。山瀬主将は「奥川が本調子なら、3点以内に抑えられるはず」。

 出場各校の主将たちに優勝候補を尋ねた事前アンケートでは星稜が17票を集めて、1位だった。林和成監督は初戦に向け、「攻守ともに野手が奥川を援護できるかがポイントになる」と話した。(木佐貫将司)