メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島)富岡西「強豪だけどやることは一緒」 選抜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月16日03時00分

 15日に組み合わせが決まった第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)。21世紀枠で初出場する富岡西は大会第4日の26日、第3試合で2年連続30回目の出場となる東邦(愛知県)と対戦する。試合開始は午後2時の予定。

 15日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールであった抽選会には、小川浩監督と坂本賢哉主将、佐野純也部長が参加。午前9時に抽選会が始まった。

 ほかの四国勢とともに第4グループでくじを引いた坂本主将は「富岡西、23番です」とマイクに向かって声を張り上げた。

 くじを引く前、小川監督との間で、「3日目か4日目の第3試合あたりがいい」と話していたといい、坂本主将は抽選後、「希望通りでよかった。地元で応援してくれる人たちもこの日程ならたくさん球場に来てくれそう」。対戦相手の東邦について、「全国的にも有名な強打者の石川選手がいるチーム。すごい強豪だけど、自分たちのやることは一緒。みんなで相手チームを分析して、試合に臨むための共通認識を練り上げていきたい」と力を込めた。小川監督は「(いい日程の試合を)よく引きあててくれた。相手は東海地区優勝の強豪。強打のチームになんとかくらいついていきたい」と話した。

 富岡西は16、17日に阿南市内で練習試合をして18日に甲子園に向けて出発する予定。開幕は23日。(佐藤常敬)