メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福井)選抜高校野球 啓新は初戦で桐蔭学園と対戦へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月16日03時00分

 阪神甲子園球場で23日に開幕する第91回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれた。初出場となる啓新は、大会第5日の第3試合(27日午後2時開始予定)で、桐蔭学園(神奈川)と対戦することが決まった。

 抽選会には出場32校の主将らが出席。近隣の出場校同士が大会序盤でぶつからないようにするため、地区ごとに抽選が進められた。

 啓新の穴水芳喜主将(3年)は30番目にくじを引いた。堂々とした様子で舞台中央のマイクの前に立ち、「啓新高校、29番です」と数字を読み上げた。この瞬間、先に30番を引いていた桐蔭学園が、初戦の対戦相手になった。

 「落ち着いて試合に臨みたい」との考えから、開幕日から期間が空いた第2、もしくは第3試合が事前の希望。結果はその通りとなった。穴水主将は取材に、「気持ちを引き締めていきたい」と意気込んだ。

 植松照智監督は「大会期間を長く味わいたかったので、非常に良かった」と笑顔を見せていた。(平野尚紀)