メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩手)盛岡大付、石岡一と初戦 選抜高校野球、3日目に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月16日03時00分

 23日開幕の第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市内であり、2年ぶり5回目の出場となる盛岡大付は大会3日目の第2試合で、21世紀枠の石岡一(茨城)と対戦する。

 くじ引きで表情を崩さなかった及川温大主将(3年)は「甲子園ではビビったら負けと言われていたので不動心を貫いた」。初対戦の石岡一は最速147キロのエースを擁するが、球速150キロ超の大船渡の佐々木朗希投手の名をあげ「対策とやることは同じ。(打球を)飛ばす力はついているので、自分たちの野球ができれば」と意気込んだ。

 チームは16日以降、天理(奈良)などと練習試合を重ねて22日の開会式リハーサルに臨む。(御船紗子)