メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香川)高松商の初戦は春日部共栄 選抜高校野球大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月16日03時00分

 第91回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が15日、大阪市内であり、3年ぶりに出場する高松商は、大会初日の23日第2試合(午後1時予定)に、春日部共栄(埼玉)と対戦することが決まった。

 抽選会は午前9時に始まった。直前には「ドキドキするよりも眠いです」と話していた高松商の飛倉(ひぐら)爽汰主将(3年)。出場する32校の対戦カードが決まっていくなか、落ち着いた様子でくじを引いた。

 会場正面のマイクに向かって歩きながら、会場の大きなトーナメント表を見て対戦相手を確認。マイクの前ではっきりと「3番です」と話した。

 春日部共栄とは、公式戦での対戦経験はない。飛倉主将は「強豪と聞いたけど、初戦を突破したら勢いに乗れる。開幕日の試合も、気持ちが間延びしないので良かった。気を引き締めたい」と話した。

 長尾健司監督は春日部共栄について、「分析はこれからだが、走者を背負っても1点を死守し、接戦に持ち込みたい」と語った。

 勝ち進んだ場合、2回戦は大会6日目(28日午前11時半予定)に、呉(広島)と市和歌山(和歌山)の勝ったチームと対戦する。(小木雄太)