メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大分)明豊が横浜、大分は松山聖陵 選抜大会初戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月16日03時00分

 23日に開幕する第91回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が15日、大阪市であり、明豊は2日目の第2試合で横浜(神奈川)、大分は5日目の第2試合で松山聖陵(愛媛)との対戦が決まった。

 明豊の表悠斗主将(3年)は14番目にくじを引いた。ちらっとトーナメント表に目をやり、もう一度くじを確認してマイクの前に立った。「明豊高校、9番です」。対戦相手は全国屈指の強豪横浜に決まった。

 横浜のエース及川雅貴君(同)は、大会屈指の左腕。打撃力に自信がある明豊が、どのように好投手を攻略するのか注目される。表主将は「対戦が決まったときには『うわっ』と感じたけど、今はやってやろうと思っています。絶対勝ちます」と意気込みを見せた。

 大分の足立駿主将(同)はくじを引くとまっすぐマイクの前に進み、「大分高校、28番です」。後からくじを引いた松山聖陵との対戦が決まった。両校とも甲子園経験はあるが未勝利。お互いに甲子園初勝利をかけた戦いとなる。

 「開幕戦だけは引かないようにしたい」と話していた足立主将は、5日目という日程に胸をなで下ろした。「いよいよ甲子園が始まるんだなと実感した。チームはいい緊張感を持って練習できている。初戦に向けて準備していきたい」と気を引き締めた。(小林圭)