メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開幕日に好カード実現、両監督は苦笑い 履正社×星稜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月15日11時14分

 ■選抜高校野球 組み合わせ抽選

 第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社であり、32校の対戦相手が決まった。

 大会屈指の好カードが開幕日の第3試合に組まれた。総合力が高い星稜(石川)と強力打線を誇る履正社(大阪)。抽選が決まった直後、顔を合わせた両校の監督は互いに苦笑いを浮かべてあいさつをかわした。星稜の林和成監督は「最初に当たりたくなかったです」と本音を漏らすと、履正社の岡田龍生監督は「一番力のあるチーム。どこまで対応できるか、これから考えます」。また、苦笑いを浮かべた。