メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主将アンケ、星稜が優勝候補1位 きょうセンバツ抽選会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月15日07時00分

 第91回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が15日午前9時から、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれる。昨秋の明治神宮大会を制した札幌大谷や、最速150キロ右腕の奥川恭伸を擁する星稜(石川)など32校の対戦相手が決まる。大会は23日から12日間(休養日を含む)の日程で、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる。

 14日には、各校の主将による「キャプテントーク」があった。優勝候補を尋ねる事前のアンケートでは、星稜が17票で1位。36校が出場した昨年で最多だった大阪桐蔭を上回った。山瀬慎之助主将は「奥川に対する評価と受け止めている。優勝するために、この冬課題の打力を強化してきました」と、堂々と語った。