メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉)めざせ選抜V 春日部共栄で壮行会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月14日03時00分

 23日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)に出場する春日部共栄の壮行会が13日、春日部市の同校で開かれた。

 選抜出場は22年ぶり3回目。壮行会では18人の登録メンバーが登壇し、石崎聖太郎主将(2年)が約1100人の生徒を前に「昨秋の関東大会決勝で敗れ、悔しい思いをした。冬に走り込みや振り込みで精神と技術を鍛えてきた。優勝を目指す」ときっぱり。生徒会長の長谷川みろくさん(2年)が「共栄生としてとても誇らしく喜ばしい。壮絶な努力を間近で見てきた。私たちで盛り上げましょう」と呼びかけた。

 背番号14の高橋秀弥選手(1年)の父は1993年夏の全国選手権で同校が準優勝した時の主将、正幸さん(43)で、親子で甲子園出場を実現。高橋選手は「素直にうれしい。父も喜んでくれた。勝利に貢献できるように力を発揮したい」と話した。(加藤真太郎)