メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三重)津田学園、3日目に龍谷大平安と対戦 高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月16日03時00分

 23日に開幕する第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市内であった。津田学園(三重県桑名市)は大会3日目の25日の第1試合(午前9時~)で、昨秋近畿王者で史上最多41回目出場の龍谷大平安(京都)と対戦することが決まった。

 津田学園の石川史門主将は32校中26番目にくじを引いた。抽選を待つ間、「強豪同士の対戦が決まり、これが甲子園なんだと実感した。わくわくが止まらなかった」という心境だった。

 引き当てた数字は、龍谷大平安の隣の「13」だった。滞在したホテルで相手主将と顔を合わせていただけに「なんとなく当たる気がしていたが、まさか……」と驚きながらも「格上かもしれないが打ち勝ちたい」と意気込んだ。

 佐川竜朗監督は抽選会前、龍谷大平安の原田英彦監督から「また練習試合しよう」と声をかけられた。2017年夏の選手権大会の抽選会前も、藤枝明誠(静岡)の監督から練習試合の誘いを受け、初戦で当たった。「練習試合に誘われた相手と対戦。既視感がある展開だった」と笑う。

 津田学園はここ3年ほど、練習試合も含め、龍谷大平安と対戦したことはない。分析はこれからだが、佐川監督は昨秋の明治神宮大会に出場した相手の映像は見ていたという。「制球力のある豊田祐輔投手と、強力な打線を持つチームを名将が指揮する。わずかな隙を見逃さず、当たって砕けないようにぶつかりたい」と話した。(村井隼人)