メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島)富岡西の選手ら、阿南市長に甲子園出場報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年2月28日03時00分

 3月23日開幕の第91回選抜高校野球大会に初出場する県立富岡西高校野球部の選手らが27日、阿南市役所を訪問し、甲子園での健闘を誓った。

 市役所を訪れたのは坂本賢哉主将、浮橋幸太選手、末広純平選手ら。岩浅嘉仁市長から「悲願達成おめでとう」と、選抜出場を祝うステンレス製の記念プレート(縦40センチ、横58センチ)が贈られた。小川浩監督は「残り約1カ月をしっかり鍛えたい」。坂本主将は「野球のまち阿南の代表として、はつらつとしたプレーで甲子園で校歌をとどろかせたい」と力を込めた。

 市のまちづくりに助言をしているスポーツジャーナリストの二宮清純さんも出席。自身の提案でできた、四国霊場八十八カ所にあやかった「89番野球寺」を紹介し、「ご利益があるからぜひ行って下さいね」と話した。また、「相手は同じ高校生。緊張せず頑張ってください」とエールを送った。(佐藤常敬)