メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島)広陵へ選抜旗授与 健闘誓う 生徒ら人文字も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年2月27日03時00分

 第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)に出場する広陵(広島市安佐南区)に26日、選抜旗が授与された。

 授与式に先立ち、1、2年生約700人がグラウンドに集まり、「センバツ2019 KORYO 21」という人文字を作った。「21」には「日本一」という意味が込められているという。

 続いて、毎日新聞の堀雅充・広島支局長から国貞和彦校長に、えんじ色の選抜旗が渡された。堀支局長は「伝統校の復活に全国の高校野球ファンが注目している。健闘をお祈りします」とする社長からのメッセージを代読。国貞校長は「ありがとうの言葉を胸に優勝を目指します」と応えた。

 主将の秋山功太郎君(2年)は「たくさんの方が支えてくださっていることを忘れずに頑張りたい」と話していた。呉には28日に選抜旗が授与される予定。(高橋俊成)