メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島)高校野球「新たな一歩」廿日市高・川尻さん特別賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年2月26日03時00分

 今年の夏に開催される第101回全国高校野球選手権大会のキャッチフレーズコンクール(朝日新聞社、朝日放送テレビ、朝日放送ラジオ主催、日本高野連後援)で、県立廿日市高校1年の川尻彩菜(あやな)さん(16)の作品「新たな一歩 101回」が特別賞に輝いた。表彰状と盾が今月、川尻さんに贈られた。

 全国の高校生から寄せられた5890点の作品の中から、グランプリの「新たに刻む、ぼくらの軌跡。」に次ぐ特別賞42点の一つに選ばれた。今夏の第101回大会は高校野球の新たなスタートと位置づけられており、それにふさわしい作品となった。

 川尻さんは、野球部のマネジャーを務める仲の良い友人から、「甲子園は高校野球に関わるすべての人にとって夢の舞台」と教えてもらった。作品には、100回大会という区切りを迎えたその憧れの舞台で、新たな伝説や感動が生まれてほしいとの願いを込めた。

 今回の受賞にびっくりしたという川尻さんは「多くの人からおめでとうと言われました。これは、高校野球のことをいろいろ教えてくれた私の周りの友だちのおかげです」と話した。

 同校では、ポスターを描く美術の授業の一環で、夏休みの課題として同コンクールに挑戦している。(副島英樹)