メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

島根)高校野球キャッチフレーズ、情報科学高生に特別賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年2月21日03時00分

 今夏開催の第101回全国高校野球選手権大会のキャッチフレーズコンクール(朝日新聞社、朝日放送テレビ、朝日放送ラジオ主催、日本高野連後援)で、島根県内から情報科学高校3年の藤原丈(ふじはらじょう)さん(18)=松江市上乃木9丁目=の作品「繫(つな)げる 新たな夏」が特別賞に選ばれた。安来市の同校で20日、藤原さんに賞状と盾が贈られた。

 作品は、昨夏に受けたマーケティングの授業の中でつくった。藤原さんによると、101回大会は新たな元号で迎えるため、「新しい夏が始まる」と着想。100回目の夏で3年生がつないできたものを、新たな夏で後輩がつなぐストーリーを見たいとの思いから生まれたという。

 藤原さんは生徒会の会長や剣道部の主将を務めた。昨夏の高校野球島根大会には生徒会として球場で同校の応援をした。今回の受賞について「自分の作品を選んでもらえたのはうれしい」と話した。

 コンクールには全国の高校生から5890点の応募があり、グランプリ1点と特別賞42点が選ばれた。