メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知)高校野球キャッチフレーズ 豊橋商高生が特別賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年2月21日03時00分

 今夏の第101回全国高校野球選手権大会に向けたキャッチフレーズコンクール(朝日新聞社など主催、日本高野連後援)で、愛知県内からは県立豊橋商業高校2年、伊藤佑(ゆう)真(ま)さんの「次の100年、つなぐ夏」が特別賞に選ばれた。

 伊藤さんは野球部員で投手。昨夏の東愛知大会ではベンチに入った。応援団や球場の雰囲気に「特別な大会なんだ、と不思議な気持ちになりました」。作品には「これまでの100年分の大会には一試合一試合に感動がある。次の100年に、この感動をつなげていきたい」と思いを込めた。昨秋からはエースを任されており、「今年の夏は、エースとして甲子園を目指したい」。

 伊藤さんには20日に同校で、表彰状と副賞の盾が贈られた。伊藤さんの作品は今後、朝日新聞の紙面や大会PRなどに使われる可能性がある。