メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山)「新たな歴史がまた始まる!」 山本君が特別賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年2月20日03時00分

 今夏に開催される第101回全国高校野球選手権大会に向けたキャッチフレーズコンクール(朝日新聞社、朝日放送テレビ、朝日放送ラジオ主催、日本高野連後援)で県立箕島高校2年の山本大誠君(17)が特別賞を受賞した。19日、有田市の同校で記念の賞状と盾が贈られた。

 書道の授業の課題として考えたキャッチフレーズは「新たな歴史がまた始まる!」。昨年が100回目の大会であったことと、「平成」がもうすぐ終わることから、時代の変わり目を意識して考えたという。

 野球部に所属する山本君は昨夏の和歌山大会に投手として出場。山本君にとって夏の高校野球は「グラウンドに学校を代表して立つのは責任あって大変だけど楽しい」と目を輝かせる。今年の夏に向けて「自分にとっては最後の夏。まずは甲子園出場を目標に自分の出来ることを頑張りたい」と話した。

 今回のコンクールには全国の高校生から5890点の応募があり、グランプリに1点、特別賞に42点が選出された。(成田愛恵)