メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

休養日増設、吉田輝星も「1日空くと楽だと思う」と賛成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年1月30日19時18分

 「会場の熱気もあって、暑さがすごい。大会を通して結構きつかった」。金足農(秋田)からドラフト1位で日本ハムに入団した吉田輝星(こうせい)は、昨夏の全国選手権をこう振り返る。エースとして準決勝まで1人で投げ抜き、決勝は途中降板。自身の経験を踏まえ、「準決勝と決勝の間に1日空くと楽だと思う」と話す。

 休養日の新設を指導者はどう受け止めたのか。金足農の中泉一豊監督は、「ありがたいです」と即答。昨夏は3回戦と準々決勝、準決勝と決勝が連戦となった。「連戦を2回やって、やはり決勝前に一番休みが欲しかった。一試合一試合大事ですけど、決勝はものすごい特別」と振り返る。

 決勝で金足農に勝った大阪桐蔭の西谷浩一監督も歓迎した。「甲子園球場という一つの球場でやっていることなので、なかなか難しい事情も分かりますが、大会日程をできる限りゆるやかにしてもらうのが一番」と語り、今後の日程緩和については「簡単に『1日増やして』と言えることではないですけど、もうちょっと早い段階にも(休養日を)とれるようになれば、よりよくなる」と期待した。