メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日章学園は初「やっときた、長く感じた」 吉報に喜び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年1月25日21時20分

 日章学園は選抜初出場。九州大会準決勝であわやコールド負けの危機を切り抜けての吉報だけに、喜びもひとしお。4番打者の平野は「やっときた。長く感じた」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。2002年夏以来の甲子園出場に、畑尾監督は「せっかく甲子園に出るなら上位をめざす」。昨夏は宮崎大会決勝で敗れた。主将の福山は「引退した3年生に早く出場を報告したい」と笑顔を見せた。