メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米子東、ベンチ入り16人でも「ストロングポイント」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年1月25日21時20分

 県立の進学校、米子東が23年ぶりの出場を手にした。制服姿で吉報を受けた選手たちは、静かに喜びをかみしめた。主将の福島康は「今までやってきたことが認められた」。制球力の高い左腕森下がチームを引っ張る。昨秋の中国大会では、ベンチ入り16人で粘り強く戦って準優勝。選抜大会も16人で挑む。紙本監督は「少ない人数はストロングポイントだと思っている。土台づくりをしっかりして臨みたい」。