メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関東大会制した桐蔭学園、16年ぶりの舞台に「感謝」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年1月25日17時57分

 16年ぶりの出場に桐蔭学園の選手たちは学校中から祝福された。3番遊撃手で主将の森敬斗は関東大会で優勝した昨秋、逆転サヨナラ満塁本塁打を打つなどしてチームを引っ張った。「プレーする姿で人を感動させたい。高橋由伸さん(前巨人監督)らOBも着ていたユニホームで出られることに感謝しながらやりたい」と意気込んだ。片桐健一監督は「各自が役割を果たし、的確な状況判断で機敏な野球を目指したい」と語った。