メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪桐蔭出場逃す 21世紀枠は石岡一、富岡西、熊本西

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年1月25日16時27分

 第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の出場32校を決める選考委員会が25日、大阪市内であり、戦力以外の学校の特色なども評価される21世紀枠で石岡一(茨城)、富岡西(徳島)、熊本西の3校が選ばれた。昨年春夏連覇を達成し、昨春の大会まで選抜を2連覇していた大阪桐蔭は選出されなかった。大会は3月23日に阪神甲子園球場で開幕する。

 一般枠で選出された学校は次の通り。

 札幌大谷、札幌第一、八戸学院光星(青森)、盛岡大付(岩手)、桐蔭学園(神奈川)、春日部共栄(埼玉)、山梨学院、習志野(千葉)、国士舘(東京)、横浜(神奈川)、東邦(愛知)、津田学園(三重)、星稜(石川)、啓新(福井)、龍谷大平安(京都)、明石商(兵庫)、履正社(大阪)、智弁和歌山、福知山成美(京都)、市和歌山、広陵(広島)、米子東(鳥取)、高松商(香川)、松山聖陵(愛媛)、呉(広島)、筑陽学園(福岡)、明豊(大分)、大分、日章学園(宮崎)