スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

香川)高松商 待ってた!春切符 選抜高校野球

2019年1月26日03時00分

シェア

 第91回選抜高校野球大会の出場校が25日決まり、香川県内からは昨年秋の四国大会で優勝した高松商が選ばれた。3年ぶり27回目。県勢としては昨年の英明に続き、2年連続となる。選抜大会は3月15日に組み合わせ抽選会があり、23日から兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で始まる。

 高松市の高松商で午後3時40分ごろ、梶正司校長が出場決定を伝える電話を受けた。OBらが見守るなか、グラウンドの選手たちに向け、「甲子園出場おめでとう。香川代表、四国代表として、しっかりとがんばって」と呼びかけた。選手らはその後、報道陣にポーズをとったり、帽子を投げたりして喜んだ。

 高松商は、昨秋の県大会と四国大会を制した。前回の選抜大会時は、四国大会4強ながら出場を逃していただけに、喜びもひとしお。主将の飛倉(ひぐら)爽汰君(2年)は「悔しさがあって、ここまで気が抜けない日々が続いた」と振り返った。

 選抜は第1回大会(1924年)で優勝した伝統校。第32回大会(60年)も優勝し、前回出場の第88回大会(2016年)は準優勝した。夏の選手権大会も2回制覇している。

 エースの香川卓摩君(2年)は準優勝の当時、中学生。「先輩たちが結果を残しているので、自分たちも負けないようにがんばりたい」と話した。

 長尾健司監督(48)は「一瞬ほっとしたが、すぐに気持ちが引き締まった。甲子園でも粘り強さのある高松商の戦い方ができるかが鍵になる」と話した。

 ■コツコツネバネバ 少ない好機生かす

 四国王者として、明治神宮大会では4強に進んだ高松商。長打が少ないチームが掲げたのは、「コツコツネバネバ大作戦」だ。バットを短く持ってコンパクトに振る。追い込まれても一球一球を粘り、単打や四球で塁に出る。少ない好機をものにし、守り勝つために守備を鍛え上げた。

 エースの香川君は最速141キロの直球に加え、キレのあるスライダーが武器だ。昨年10月の県大会決勝は、それまでの試合でいずれも7点以上を取っていた志度と対戦。完投した香川君は14三振を奪い、守備陣も無失策で支えた。県大会と四国大会の計9試合中、6試合で失策がなかった。

 一方、打線は、四国大会で中軸だった立岩知樹君や岸本将翔君、3試合で8安打を放った浅野怜(れん)君が中心。いずれも2年生だ。

 四国大会の準々決勝で臨んだ明徳義塾(高知)戦では、1回戦を完封勝ちした相手エースを攻略できずにいたが、1点を追う七回裏2死から中軸の3連打で同点に。続く浅野君の2点適時打で勝ち越した。

 3年前の選抜大会で準優勝したチームは、強烈な打線が持ち味だった。主将の飛倉君は今のチームについて、「個々の能力がそこまで高くない。ミスをなくし、チームでカバーし合わなければいけない」。

 長尾監督は「みんなが同じ方向を向いてプレーしているのが強み。『コツコツネバネバ』を大事にしながら、長打力を含め、全体のレベルをあげて大会に挑みたい」と意気込んだ。(小木雄太)

     ◇

■高松商の主な戦績

【県大会】

準決勝  7―2英明

決勝   7―4志度

【四国大会】

準々決勝 4―2明徳義塾(高知)

準決勝  10―4高知商(高知)

決勝   3―1松山聖陵(愛媛)

【明治神宮大会】

準々決勝 9―6八戸学院光星(青森)

準決勝  4―7星稜(石川)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン