スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

根尾と藤原、札幌で誓い新た 「あこがれの存在になる」

2018年12月27日11時06分

シェア

 今年の高校野球をわかせた2人が、思い出の地の札幌で決意を新たにした。27日、小学生によるNPB12球団ジュニアトーナメントが札幌ドームで始まり、ドラフト1位でプロ野球へと進む大阪桐蔭高の根尾昂(あきら)(中日)と、藤原恭大(きょうた)(ロッテ)が始球式を務めた。

 この大会は、12球団が本拠地域の小学生を選抜してジュニアチームを結成し、元プロ選手が指揮を執って試合する。6年前、今回と同じく札幌であった大会に岐阜出身の根尾は中日ジュニアの一員として出場。投手として128キロの直球を投げたが、「すぐ負けたので……。大会までにチームが出来上がっていく様子のほうが印象深い」。大阪出身で、オリックスジュニアの選手だった藤原は本塁打を放つなど活躍した。「大きな舞台で試合ができた自信は、今につながっている」と振り返る。

 年明けには球団選手寮への入寮や、合同自主トレと、プロの生活が始まる2人。藤原は1軍に入れば、札幌ドームで試合する機会も増える。「小学生のころも思ったが、広い。センターも、今の自分じゃ(打球が)入らないなと思った」と、さらなる成長の必要性を痛感した。

 一方の根尾は、野球の置かれた現状を鋭く感じ取った。「僕らのとき、(大会の)ベンチ入りは18人だったのに、16人になっていた。野球をやる子どもが少なくなっている。プロの野球をみて、『野球をやりたい』と思ってもらえるような選手になりたい」。あこがれの存在になることを誓った。(山下弘展)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン

最新視聴ランキング

バーチャル高校野球で昨日 一番視聴された動画は!? 見逃してないか今すぐチェックしよう!!

代表校

都道府県名をクリックすると、各地域の最新ニュースや出場校紹介の動画をご覧になれます。

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報などを配信中!フォローしてあなたも「高校野球情報通」になろう!!

  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • 第101回オフィシャルグッズ
  • 熱闘甲子園
  • 速報!甲子園への道
  • 号泣甲子園
  • 新たに刻む、ぼくらの軌跡
  • 高校野球DVD販売サイト
  • 地方大会の写真販売
  • 観戦記念号外

関連リンク