メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋田)吉田投手サイン入りクロス展示 日ハムと契約の地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年12月23日03時00分

 金足農の吉田輝星投手(17)がプロ野球・日本ハムとの仮契約を結び、会見した秋田市の「道の駅あきた港」内のセリオンリスタで22日から、吉田投手のサイン入りのテーブルクロスが展示されている。訪れた人はスマホを手に、次々と写真を撮っていた。

 金足農のチームカラーにちなんだ紫色のクロスは11月15日の契約時、セリオンが用意した。控室内で契約を終えた吉田投手からサインの申し出があったという。今後はプロでの活躍を伝える記事なども展示していく。宮城県名取市から訪れた小学6年荒木美心(みこ)さん(12)は「吉田投手は堂々としていてかっこいい。サインを見るとワクワクする」と話した。

 吉田投手は同日、ポートタワー・セリオン3階の窓ガラスにもサインを残した。サインを見るため、11月後半には前年比3・8倍の人がタワーを訪れた。武藤正子駅長(51)は「プロへの記念すべき第一歩がここであったんだと思い出してもらえたら」と話す。(神野勇人)