メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪)八尾が「21世紀枠」近畿地区候補 選抜高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年12月15日03時00分

 14日に発表された来春の第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の21世紀枠候補校に、近畿地区からは大阪府立八尾高校(大阪府八尾市)が選ばれた。大阪勢が近畿地区の候補校になるのは初めて。

 21世紀枠は来年1月25日にある選考委員会で、八尾を始め全国9地区から推薦された9校の中から3校が決まる。八尾が選ばれれば1959(昭和34)年夏以来の甲子園出場となる。

 八尾は1915年に野球部を創部。これまでに春6回、夏4回の甲子園出場経験がある。52年夏の第34回全国選手権大会では決勝で芦屋(兵庫)に敗れたものの準優勝した古豪だ。今秋の近畿地区大会府予選では、バッテリーを中心にした守りと、機動力のある攻撃でベスト16に進出した。

 「愛されるチーム」「応援されるチーム」づくりを指導方針に掲げ、メニューは部員たちが考えて日々の練習に臨んでいるという。また、グラウンドが使えるのは週3日で、午後7時には完全下校など、限られた環境の中で効率よく練習している点などが評価された。(辻健治)