メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初出場の札幌大谷、明治神宮大会決勝へ あす星稜と対戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年11月12日15時06分

 第49回明治神宮野球大会は12日、高校の部の準決勝が行われた。初出場同士の対決となった第2試合は、札幌大谷(北海道)が筑陽学園(九州・福岡)に5―2で勝ち、決勝進出を決めた。札幌大谷の右横手投げ、太田流星投手(2年)が八回まで無安打無失点の快投。九回に先頭に安打を浴びるなどで2失点したが、リードを守った。

 決勝は星稜(北信越・石川)―札幌大谷との顔合わせで、13日午前10時から行われる。