スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鳥取)米子東、広陵に敗れ準優勝 中国地区高校野球大会

2018年11月5日03時00分

シェア

 第131回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は4日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで決勝があり、広陵(広島)が米子東(鳥取)を破って12年ぶり11度目の優勝を果たした。広陵は9日から東京・神宮球場で始まる第49回明治神宮野球大会に中国地区代表として出場する。

 ■厳しい生活 強さ養う

 23年ぶりに中国大会決勝まで進出した米子東は、2―6で広陵に敗れ54年ぶりの優勝を逃した。

 一回表、先に試合を動かしたのは米子東だった。先頭打者の岡本大翔(1年)の安打や敵失などで1死一、二塁の好機をつくると、打席にはここまで打率6割に迫る4番福島悠高(2年)。変化球、直球どちらでも対応できるようにとバットをかまえた。初球、甘く入った直球を振り抜くと打球は左前に。二塁走者岡本が生還し、強豪広陵から1点を先取した。

 準決勝までの3試合はすべて相手チームに先制点を許してからの逆転勝ちだった。主将の福島康太(2年)は「序盤から点を取るというチームの課題を達成できてよかった」。

 守備では準決勝まで完投し続けたエース森下祐樹(2年)に変わって、土岐尚史(1年)が先発マウンドに立った。背番号「9」をつけ普段はライトを守る。米子東のベンチ入りメンバーはわずか16人。レギュラー陣で守備位置をカバーし合うことも多い。

 土岐にとってこの日は公式戦初登板。森下は「良いボール持ってるから、自信持って投げろよ」と声をかけた。土岐は「(森下は)昨日170球投げてくれた。ねばってやっていこう」と心を落ち着かせたという。

 一、二回はカーブを駆使し広陵打線を無安打におさえた。だが三回に崩れた。打者二巡目に入り、カーブからストレートで打たせていこうと作戦を変えたのが裏目にでた。2死走者なしから四球を与えると、連続安打を浴び1失点。さらに死球から2死満塁とされ、この回で5点を失った。

 「低めで打たせていこうと思ったが高く浮いた球を捉えられた。ピンチになると力が入ってしまう自分の悪いくせ」と土岐は悔しそうに振り返る。だが四回以降は落ち着きを取り戻し、七回の交代までを1失点に抑えた。

 今夏の県大会では初戦敗退だった。県内屈指の進学校でもあり、放課後の練習時間は3時間ほどと決して長くはない。ここまで勝ち進めた要因は何だったのか。「やるべきでないことをどれだけ捨てられるかと言い続けてきた。相当厳しい生活を送ってきた。世の中の高校生が当たり前に楽しんでいることを彼らは捨てないといけない。それでも、そういう毎日がこうした場でも戦える人としての強さを養ってくれた」と紙本庸由監督は話す。

 選抜大会への中国・四国地区の一般出場枠は5校(中国2、四国2、どちらか1)。例年、優勝校と準優勝校が選出されることが多く選抜出場の可能性も見えてきた。「舞台が変わってもやることは変わらない。(森下の)連投が難しい場面に支えられるようになりたい」と土岐は決意を語った。(矢田文)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン

最新視聴ランキング

バーチャル高校野球で昨日 一番視聴された動画は!? 見逃してないか今すぐチェックしよう!!

代表校

都道府県名をクリックすると、各地域の最新ニュースや出場校紹介の動画をご覧になれます。

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報などを配信中!フォローしてあなたも「高校野球情報通」になろう!!

  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • 第101回オフィシャルグッズ
  • 熱闘甲子園
  • 速報!甲子園への道
  • 号泣甲子園
  • 新たに刻む、ぼくらの軌跡
  • 高校野球DVD販売サイト
  • 地方大会の写真販売
  • 観戦記念号外

関連リンク