メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛)松山聖陵が快勝 選抜大会に前進 きょう決勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年11月4日03時00分

 第71回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)の準決勝2試合が3日、高松市のレクザムスタジアムであった。愛媛3位の松山聖陵は富岡西(徳島3位)に5―3で勝利し、来春の選抜大会出場に大きく前進した。松山聖陵は4日午前10時から、同スタジアムである決勝で高松商(香川1位)と対戦する。

 悪い流れを断ち切る一打だった。3―3の同点にされた直後の七回、1死から打席に立った大村侑希君(2年)は内角低めのスライダーを振り抜いた。高く上がった打球は左翼方向に。

 「打った瞬間手応えはあった」と振り返るが、行方を見守りながら勢いよく走り、一塁ベースにつまずいてしまった。審判の本塁打のジェスチャーを確認し、ホッとしたように照れ笑いを浮かべた。

 「流れが悪かった。1本出せたら大きいなと思った」と大村君。「公式戦では高校初」という本塁打で勝ち越し、チーム初の秋季四国大会決勝進出をたぐり寄せた。(藤井宏太)