メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥取)米子東、逆転で4強 秋季中国高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月29日03時00分

 第131回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は大会3日目の28日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムと倉敷市営球場で準々決勝4試合が行われ、創志学園(岡山)、米子東(鳥取)、呉(広島)、広陵(同)が11月3日にマスカットスタジアムである準決勝への進出を決めた。米子東は午前10時から呉と対戦する。

 ■突き放す一打、「次も勢いで」 米子東・福島悠高選手

 部員16人の米子東がベスト4進出を決めた。

 六回に2点差を逆転し、1点リードで迎えた七回1死満塁で4番・福島悠高(ゆうこう)(2年)が打席に入った。「ここで打ってみんなに喜んでもらいたい」。四回に自身のエラーから相手に追加点を許していた。それを取り返したい気持ちもあった。

 監督のサインは「変化球を狙え」だったが、2球目の甘く入った直球を逃さなかった。ボールが当たったのはバットの先端の部分。それでも打球は左翼手の頭を大きく超えてフェンスを直撃した。走者一掃の適時二塁打となり、リードを4点に広げる効果的な一打となった。

 終盤、2本のソロ本塁打で2点差に迫られたが、エース・森下祐樹(同)は「悠高の3点のおかげで精神的に楽に投げられた」。九回も2死一、二塁のピンチをしのいで投げきり、リードを守り抜いた。

 今夏の鳥取大会は初戦敗退。新チーム結成後、中国地区大会での2勝はチームの大きな目標だった。福島悠は「目標を達成できてほっとしてる。ここまできたら、次の試合も勢いをもって相手にぶつかっていきたい」と笑顔で話した。(矢田文)