• このエントリーをはてなブックマークに追加

高知)高知商4強、明徳義塾敗退 秋季四国地区高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月29日03時00分

 第71回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)の準々決勝4試合が28日、香川県丸亀市のレクザムBP丸亀と高松市のレクザムスタジアムであった。県勢は、高知商が徳島商(徳島)を2―1で下して準決勝に進出した。11月3日に高松商(香川)と対戦する。明徳義塾は高松商に2―4で敗れた。

 ■「全てやり直し」 明徳・馬淵監督

 「負けるべくして負けたね」。明徳義塾の馬淵史郎監督は振り返った。

 三回表2死満塁から、小泉航大君(2年)の二塁打で2点を先制した。だがそれ以降はバントのミスを連発。伝統的に「手堅さ」が持ち味の強豪校は好機を作れず、逆転を許した。

 六回、先頭打者の安田陸君(2年)が右前打で出塁したが、次打者が送りバントを失敗。さらに次打者も併殺となり、この回を計6球であっさり打ち取られた。七回も先頭打者が出塁したが、またも次打者が送りバントを失敗した。

 六回まで1失点と好投していた先発の服部遼馬君(2年)は七回、4連打を浴びて3点を失い、逆転を許した。

 大会3連覇を逃した馬淵監督は「バントのミスは絶対だめ。全てやり直しです」。(加藤秀彬)