メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫)明石商、そつなく4強 近畿地区高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月29日03時00分

 秋季近畿地区高校野球大会は28日、準々決勝3試合が神戸市のほっともっとフィールド神戸であった。履正社(大阪1位)が福知山成美(京都1位)に、明石商(兵庫1位)が報徳学園(兵庫3位)に、智弁和歌山(和歌山1位)が大阪桐蔭(大阪2位)に勝ち、準決勝に駒を進めた。準決勝は11月3日に同球場で行われる。

 ■初完封、意地見せた 明石商・宮口投手

 明石商の勝利が決まると、マウンド上の宮口大輝(2年)はガッツポーズした。報徳学園相手に9回を被安打4、無失点で切り抜け、自身初の完封勝利だ。

 宮口の背番号は10。1番を背負うエースは1年生の中森俊介で、新チームになってから宮口は継投での登板が多かった。制球が定まらず、先発しても短いイニングでの降板もあった。

 この日の先発登板を宮口が知ったのは4日前。中森は好投していたが、狭間善徳監督から「2年生もいってみ」と鼓舞された。「意地を見せよう」と心に決め、見事に結果を出した。

 この1勝で、明石商は兵庫県勢相手の公式戦の連勝を28に伸ばし、春のセンバツにも大きく近づいた。宮口は今後についても「任された試合でしっかり勝っていく」と活躍を誓った。(鷲田智憲)