• このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知)東邦、3年ぶり11度目V 東海地区高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月29日03時00分

 第71回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は28日、三重県の四日市市営霞ケ浦球場で決勝があった。東邦(愛知1位)が津田学園(三重3位)に10―2で勝って3年ぶり11回目の優勝を果たし、来春の選抜大会出場をほぼ確実にした。東邦は11月9日から東京で始まる明治神宮野球大会に東海地区代表として出場する。

 ■大車輪、4安打4打点 けがから復帰の松井涼太君

 東邦の1番打者・松井涼太君(2年)が4打数4安打4打点と大車輪の活躍を見せ、3年ぶりの優勝の立役者となった。

 「朝の素振りの時から調子が良かった。今日は自分がやったる」と意気込んで臨んだ決勝。二回2死一、三塁で放った2点適時二塁打を皮切りに、三、五回にも適時打を打ち、七回は二塁打から得点もした。

 県大会前に右足を負傷。県大会中はベンチで盛り上げ役に徹し、試合に出たのは東海大会からだ。体調は万全で無かったが「安打でチャンスメイクができる」(志水和史コーチ)と1番打者を任され、決勝の舞台で期待に応えた。「試合の流れを作れてうれしい」と笑顔で語った。

 夏の大会後に発足した新チームは「昨年に比べて弱い」と言われ、「先輩を超えたい」と発奮した。東海大会準優勝だった昨秋を上回り、神宮大会へと挑む。「チームは試合をやるたびに強くなっている」と手応えを感じている。(里見稔)