• このエントリーをはてなブックマークに追加

高知)明徳完封発信、高知猛追及ばず 秋季四国高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月28日03時00分

 第71回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)が27日、香川県丸亀市のレクザムBP丸亀と高松市のレクザムスタジアムの2球場で開幕した。県勢3校のうち、初日の1回戦には2校が出場。明徳義塾が聖カタリナ(愛媛)を下し、高知は接戦の末、富岡西(徳島)に敗れた。28日は準々決勝4試合があり、明徳義塾が高松商(香川)、高知商が徳島商(徳島)とそれぞれ対戦する。

 ■初本塁打で一時同点 坂本源太選手

 打球は一直線に左翼フェンスを越えた。高知が追い上げムードで迎えた3点差の八回1死一、二塁。打席に入ったのは途中出場の坂本源太君(1年)。2ストライクと追い込まれた後、ファウルで粘り7球目。待っていた内角直球を振り抜いた高校初本塁打は、同点に追いつく値千金の一発となった。

 県予選での出場は決勝の1打席のみ。8月の県選抜大会では、けがの西村唯人君(2年)に代わってスタメンだったが、西村君の復帰後は出場機会に恵まれなかった。

 この日、富岡西の先発浮橋幸太君(2年)のキレのあるスライダーに左打者が対応できていないとみた高知の浜口佳久監督は右打者で攻略しようと決断。練習で調子が上がっていた坂本君を七回の先頭打者の代打に送った。四球で出塁し、西村君の適時二塁打で3点目のホームを踏んで反撃の足がかりを作ると、八回の打席でも結果を残した。

 スタメン獲得へアピールはできたが、チームは1点差で敗れた。坂本君は「甲子園出場を左右する試合でプレーができ、わくわくした。冬にバットを振り込んで、チームに信頼される選手になりたい」と誓った。(加藤秀彬)