• このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨)山梨学院、決勝逃す 秋季関東高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月28日03時00分

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催)は27日、準決勝2試合が甲府市の山日YBS球場であり、山梨学院(山梨2位)は春日部共栄(埼玉1位)に1―2で惜しくも敗れた。桐蔭学園(神奈川2位)と春日部共栄の決勝は28日午前10時から同球場で開始予定。

 ■「本気で追えば」守備に悔い 山梨学院・菅野秀斗選手

 両先発投手の好投で、五回まで両者無得点の緊迫した展開となった。「きっかけをつくる」。六回、打席に入った菅野秀斗(2年)は集中力を高めた。

 春日部共栄のエース村田賢一(2年)の重い直球、制球力のある変化球にくらいつき、ファウル4本で粘る。8球目、逆らわずにはじき返し、中前打で出塁。続く安打、相手失策で先制の本塁を踏んだ。

 今夏も二塁手、2番打者として山梨大会と甲子園で先発に名を連ねた。勝負強い打撃が持ち味で、甲子園でも2安打2打点と結果を残した。

 守備でも八回、鋭いライナーに飛びつき好捕。しかし、安打と四球で一、二塁とされた直後、菅野の後ろに飛んだ打球が勝負を分けるきっかけとなった。

 自らも追ったが、全力で前進した右翼手が飛び込んだ。しかし、捕球することはできず、同点適時打となった。「自分が本気で追えば捕球できたかもしれない」。試合後、悔しさをにじませた。

 4打数1安打の打撃にも満足していない。「全国レベルの投手でも打てるようになりたい」。出場が有力になった来春の選抜を見すえ、前を向いた。(市川由佳子)