• このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知)東邦、逆転サヨナラで決勝へ 選抜濃厚に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月28日03時00分

 第71回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)の準決勝が27日、三重県の四日市市営霞ケ浦球場であった。愛知1位の東邦は中京学院大中京(岐阜1位)に10―9で逆転サヨナラ勝ちし、来春の選抜大会出場が濃厚になった。愛知2位の中京大中京は津田学園(三重3位)に2―13で五回コールド負けした。決勝は28日午前10時から同球場である。

 ■「下位打線で意地見せられた」 土壇場で同点弾 東邦・長屋君

 3点を追う九回裏1死一、二塁。東邦の7番打者、長屋陸渡(りくと)君(2年)が初球の直球を思い切り振り抜くと、打球は一直線で左翼席に飛び込んだ。土壇場で同点に追いつく3点本塁打で、選抜大会出場を大きく引き寄せた。

 入念な対策が実った一打だった。選抜出場がかかるこの日の大一番に照準を定め、中京学院大中京の左投手の研究を重ねてきた。練習では引退した左投げの3年生にも手伝ってもらい、対策を練った。

 この日は三回にも本塁打を放ち、3安打4打点と大活躍。「球の軌道や変化はつかめていました」と手応えを語った。チームは中軸を担う強打者の石川昂弥(たかや)君(2年)、熊田任洋(とうよう)君(2年)に注目が集まるが、「石川、熊田だけじゃない、下位打線の意地を見せられた」と胸を張った。(里見稔)