• このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨)東海大甲府、初戦で敗れる 関東地区高校野球大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月24日03時00分

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催)は23日、山日YBS球場で準々決勝3試合があった。初戦となった東海大甲府(山梨1位)は習志野(千葉2位)に4―8で敗れた。春日部共栄(埼玉1位)は横浜(神奈川1位)に9―2で勝ち、27日の準決勝で山梨学院(山梨2位)と対戦することが決まった。

 ■打撃で貢献 守備の成長誓う 東海大甲府・鈴木虎我選手

 6点を追う苦しい展開。2死一塁で打席に入った3番の鈴木虎我(たいが、2年)は「4番につなげる」一心だった。直球でも変化球でも甘い球を打ち返す――。2球目、変化球に詰まりながらも、気持ちで押し込んだ打球は望みをつなぐ左越え本塁打となった。

 適時二塁打も放ち3安打3打点。しかし、守備では悔いが残った。

 山梨県大会で好投した加藤匠(2年)が序盤から打ち込まれる。二回、三本間に走者を挟んだものの、三塁手の鈴木は捕手からの送球を落球。満塁としてしまい、2失点につながった。七回には三ゴロをうまく捕球できず、焦って一塁に悪送球。走者を返してしまった。

 「切り替えていこう」。責任を感じる中、ベンチでかけられた仲間の言葉に救われた。「自分が流れを取り戻さなければ」。七回の本塁打は背中を押された一打だった。

 「ノックの数をこなすしかない。守備でも貢献できるよう練習する」。悔しさを胸に成長を誓った。(市川由佳子)