• このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨)山梨学院4強、甲府工は敗退 秋季関東高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月23日03時00分

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催)は22日、甲府市の山日YBS球場で1回戦2試合、準々決勝1試合がそれぞれあった。山梨学院(山梨2位)は前橋育英(群馬1位)に圧勝し、4強一番乗りを決めた。甲府工(山梨3位)は横浜(神奈川1位)に2―8で敗れた。23日は午前9時から、東海大甲府(山梨1位)が習志野(千葉2位)と4強入りをかけて対戦する。

 ■真のエースへの課題見えた

 2点リードで迎えた五回、甲府工のエース小林駿太(2年)は無死二、三塁のピンチを背負うが、打者を2球で追い込む。「変化球で一つ外す」。捕手の望月大成(2年)がサインを出す。3球目。なぜか直球を投げてしまい、低めの球は暴投に。三塁走者がかえり、さらに1点を失い同点に追いつかれた。

 相手は「王者」横浜。上位打線の小泉龍之介(2年)や度会(わたらい)隆輝(1年)はテレビでも見た選手だ。「自分の力は通用するのか」。高揚する気持ちを抑え、懸命に投げ続けた。

 「打たれて当たり前」。気持ちを切り替えようとしたが、得意の変化球をとらえられ始めた。六回は二塁打3本を浴びて5失点。ベンチに戻ると、競い合ってきた近藤瑠保(2年)との交代が告げられた。

 近藤は七回以降を1失点で切り抜けた。小林は悔しさよりも、横浜打線を相手にもっと投げたかったという気持ちが強くなった。

 横浜の及川雅貴(2年)の140キロ超の速球と変化球を織り交ぜた投球を打席で目の当たりにし、衝撃を受けた。理想の投手だった。「まだまだ球速が足りない。真のエースになる課題がしっかり見えた」と前を向いた。(市川由佳子)